オルニチンと肝臓の関係

MENU

オルニチンと肝臓の関係

オルニチンと肝臓はとても深い関係にありますが、それを知るにはまず肝臓の働きについて良く知っておく必要があります。肝臓は、ものすごく寡黙な働き者ですから、ちゃんと理解してあげる必要がありますね。

 

オルニチンや肝臓という話を聞くと、「アルコールを飲まないから関係ない」などと言う人がいますが、人間が生きていくためにはどちらも絶対にお世話になる存在です。日常的に感じている疲労感や不眠にも関係がありますので、ちゃんと勉強しておきましょう。

 

肝臓の仕事は、主要なものだけでもその数はなんと500以上にもなります。

 

アルコールの代謝は代表的なものですが、その他体内に入ってきた毒物や飲食物の分解途中に出る毒物の解毒など、生命を維持するために大変重い仕事を担っている臓器なのです。

 

解毒だけに限らず、作り出したエネルギーを貯蔵しておく仕事や、胆汁の生成なども大事な仕事になります。

 

代謝の仕組みとしては、飲食物の栄養を化学変化させて、体内の臓器が使える形に変えて配給するという役割になります。肝臓が栄養を作り変えて配布してくれるわけですね。

 

胃腸で消化吸収は行うわけですが、実はそのままの形ではエネルギーとしては使えないのです。
たくさん食べても身体が元気にならないというのは、肝臓疲れている証拠なのかもしれません。

 

生み出したエネルギーは、血糖値を上げ過ぎないように配布されます。

 

脳はブドウ糖でしか動きませんが、この補給のコントロールも肝臓が行っていますので、24時間365日の配給と抑制が肝臓の大事な仕事です。その他にも胆汁で脂質を正常に消化吸収させたり、古くなった赤血球や、体内に入り込んだ金属類など、捨てるべきものを排泄する仕、コレステロールの濃度を調整する仕事など、ありとあらゆる生命維持活動を管理しているのが肝臓です。

 

そして毒物を解毒した後は不要物として捨てるための回路としてオルニチン回路があり、身体を守るための一連のサイクルをオルニチンと共に日夜行っているのです。