オルニチンで睡眠障害を改善

MENU

オルニチンで睡眠障害を改善

しじみは、オルニチンをとても多く含む食材として知られています。

 

朝食にしじみ汁を飲むと、頭がスッキリして目覚めが良いと感じたことのある人は多いのではないでしょうか?実はオルニチンには「目覚め改善効果」があるのではという説があり、実際に検証も行われているのです。

 

日本人が睡眠についてなんらかの障害や不満を多く持つ国民だということは、厚生労働省の調査などからもわかっています。「国民健康・栄養調査」によると、アンケートでは50%以上もの人が、なんとなく毎日寝付きが悪いとか、寝ても熟睡出来ていない感じがするという不満を持っていて、朝目覚めた時にもスッキリしなかったり、目覚め自体が悪いという不満を覚えていることがわかります。

 

もしオルニチンのパワーで睡眠に対する不満を解消することが出来るのであれば、とても嬉しいことですよね。

 

オルニチンと睡眠障害に関する研究

 

そんな睡眠改善に関する研究内容をちょっと調べてみましょう。

 

オルニチンは、オルニチン研究会という大学や研究所からなる組織が積極的に調査している成分なのですが、その研究会による調査では、オルニチンを含む試験食品を用意して、1週間のうち2日だけ寝る前に摂取してみたところ、頭のはたらきが改善する効果が見られたというのです。

 

検証は男女22人で、朝起き抜けにすぐテストを行う方式だったそうですが、頭のはたらきが向上するのと同時に、摂取した日の寝付きが改善するという効果も得られたというのです。

 

すぐに眠れてぐっすり寝られて、朝スッキリ起きられるという理想的な睡眠改善が、薬ではなく食品で出来たということになりますよね。起き抜けからしっかり頭脳がはたらくのであれば、毎朝のパフォーマンスが劇的に変化する可能性があります。

 

オルニチンはエネルギーの生成を助けるはたらきがあるわけですが、脳に必要なグルコースという栄養素を十分作り出せるかどうかはオルニチンサイクルに深く関わっています。

 

もしかしたら脳の機能低下の回復にもオルニチンは関係しているのかもしれません。